• ホーム
  • 正しいシャンプー方法と時間

正しいシャンプー方法と時間

2019年12月23日

頭皮の環境を整えるには様々な方法がありますが、中でも大事なのは、日常的に行っているシャンプーです。
多くの人が毎日行う習慣なので、その積み重ねは時間が経つととても大きくなります。
正しいシャンプーを行うことで、頭皮を守り、調子を整えることができます。

シャンプーをする時にまず注意を払うべきはシャンプー前の土台作りです。
シャンプーをつけて髪を洗う前に、できれば頭皮に優しいぬるま湯で、髪全体を流していきます。
あくまで優しく髪の毛と頭皮を流すのがコツです。
シャンプー前にシャワーなどでしっかり流すことで、髪の毛の表面や頭皮についたほこりや汚れを流すことができます。
目には見えにくいですが意外とぬるま湯のみで洗い流せる汚れは多いので、このプロセスはとても大事です。忘れないように行って習慣付けたいです。

ぬるま湯できれいに流し終え土台作りができたら、いよいよシャンプーをつけます。
ここでも注意点があります。それは、シャンプーをよく泡立てることです。
デリケートな頭皮に直接シャンプーをつけることは刺激が強すぎます。手の上でしっかりと泡立てることで、頭皮への当たりを優しくできます。
慣れない人や面倒くさいという人には、泡立てる専用の器具なども現在では販売されているので使用するのも良い手です。

よく泡立てたら、いよいよ髪の毛に乗せていきます。髪全体をきれいに洗うのはもちろん、頭皮を清潔にすることに注力するのが大事です。
毛穴に詰まった皮脂や汚れも浮かせて洗い流すイメージで、努めて優しく洗っていきます。

頭皮を清潔にしようという気持ちが強すぎる人は、つい力が入ってしまいがちです。
ゴシゴシと手に力を入れすぎると頭皮にダメージを与えることにもなりかねません。
頭皮は顔の皮膚の延長と捉え、顔を洗う時のように意識的に優しく洗ってください。
力を入れすぎない洗い方でも、しっかりと丁寧に洗えば頭皮についた汚れをきれいに除去することができます。
時間をかけて丁寧に洗いたいです。

雑なシャンプーをしていると頭皮にダメージを与える

シャンプーでしっかり洗った後は、すすぎです。すすぎの重要性も正しく理解する必要があります。
シャンプーの成分が頭皮に残留して良いことはありません。
丁寧に頭皮と髪全体を洗った後は、同じく丁寧にすすぎを行います。刺激の少ないぬるま湯で行うのも同様です。
ざっと洗い流す程度ではなく、シャンプーの成分のヌルヌルが無くなってからしばらく洗い流す位の周到さがなければいけません。
シャワーを頭の上からあてることを考えると、耳の裏や襟足はおろそかになりがちな箇所です。
髪全体を洗い流した後は、頭皮もくまなく洗い流す様にしてください。

体育会系の人などは、髪全体と頭皮を洗うために豪快にシャンプーをする人がいます。
しかし、雑な洗い方、流し方ではデリケートな頭皮にダメージを与えるリスクが高まります。
最初から最後まで、優しい洗い方を意識的に行う事はとても大切です。
力を入れないと汚れが落ちている気がしない、という意識は間違っていると理解しなければなりません。
指に力を入れなくても、丁寧に洗えば清潔は保てます。

優しく丁寧に洗って、すすぎも十分に行うためには、ある程度時間をかけることが求められます。
髪の毛の長さによっても違いますが、所要時間の目安は、10分~12分程度です。
10分~12分かけて行えば、一般的にはシャンプーの直後に最高の頭皮環境になったと言える程度に洗えます。

所要時間のみを聞くと、ずいぶん長く感じる人もいるかもしれません。
しかし、シャンプーをつけずに髪を洗い流す土台作りに始まり、丁寧なシャンプー、丁寧なすすぎを細かく意識していけば、10分~12分は最低限必要な時間だということが理解できるはずです。
頭皮にダメージを与える雑なシャンプーは卒業して、頭皮環境を守り維持する、正しいシャンプーを習慣にしたいです。

関連記事
女性のためのシャンプーについて

髪を美しく保つためには、普段からのヘアケアが重要になってきます。しかし人によって髪質やヘアダメージの度合いが異なるため、自分の髪の状態に合っているシャンプーの種類を使い分けすることが重要になってきます。市販されている女性向けのシャンプーは大きく分けて3種類あり、高級アルコール系タイプと石鹸タイプ、ア

2019年11月14日
確実に育毛を望むならHARG療法

遅れれば遅れるほど回復に時間がかかってしまいますし、十分な回復が期待できなくなるケースもあります。女性の発毛にも大きな効果を発揮するといわれている治療法にHARG療法があり、治療を受ければ髪の毛が生えていたころの状態と頭皮ごと再現することができます。自然な働きだけで発毛が続くような方法ですので、根本

2019年10月06日
抜け毛予防には生活習慣の見直しが必要

抜け毛を予防したいのであれば、生活習慣の見直しが必要です。頭皮はデリケートですし、髪は生命維持とは関係がないため、間違った生活習慣を続けていると最初に抜け毛など髪への影響が現れてきます。抜け毛予防をしたいのであれば、健康的で規則正しい生活習慣を心がけましょう。運動不足も血行を悪くするのでよくありませ

2019年09月07日
卵巣の病気で抜け毛になることがある

日本人成人男性の5人に1人の割合で起こっている抜け毛。最近では女性の社会進出が進み、男性同様に夜遅くまで仕事をし、不規則な生活と不規則な食事内容にストレスで女性でも抜け毛で悩む方が増えてきました。ただ、中には子宮や卵巣の病気が原因となっていることも。抜け毛は病気の兆候かもしれません。生活習慣を見直し

2019年08月11日
女性の抜け毛になりやすいタイプ

女性の抜け毛の原因で多いのが、女性ホルモンの分泌量が減少することによるホルモンバランスの乱れです。妊娠・出産の時も女性ホルモンは減少しますが、この頃の乱れは一時的なものですので心配はいりません。しかし、加齢によって乱れたものは再び増加することは考えにくいので、適切なケアを行わなければなりません。加齢

2019年07月09日
女性の抜け毛は妊娠や出産も関係ある

女性も悩まされることも多い抜け毛ですが、妊娠や出産・産後のホルモンバランスの乱れなどが原因でも起こることがあります。特に体調が悪くなくてもシャンプー時に大量に抜けてしまう髪の毛にびっくりしてしまう人も少なくないようです。女性の妊娠・出産は体に想像以上に大きな負担をかけます。妊娠中の慣れない生活・思い

2019年07月26日
甲状腺機能が低下していると抜け毛の原因になる

女性の抜け毛の原因に、甲状腺機能の低下が関係していることもあります。甲状腺機能低下症という病気であり、放置してしまうと身体機能が低下して様々な辛い症状が現れます。その一つに抜け毛があり、他にもむくみや体重増加、倦怠感、疲労感、抑うつ、冷え症、白髪など様々な症状が現れます。甲状腺機能が低下すると甲状腺

2019年06月22日
健康な髪の毛は1ヶ月でどれくらい伸びるか

髪の毛の伸び方にも人によって速い場合と遅い場合があります。一般的な数値で見ると毎日0.3mmから0.4mmほど伸びていて、1カ月では1cm伸びるといわれています。これを知らないと、抜け毛対策をしてもなかなか効果が出てこないと不安に思ってしまいます。髪の毛はゆっくりと成長していくものですので、焦らずに

2019年06月06日
女性の1日の抜け毛の平均量はどのくらい?

近頃女性でも抜け毛に悩まされる人が増えていますが、その中には男性型脱毛症の症状も多く見られます。男性型脱毛症の場合は男性ホルモンによる影響を強く受けており、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きでジヒドロテストステロンに変化すると、毛母細胞の活動に影響が出始めます。女性の体内

2019年05月22日