• ホーム
  • 抜け毛予防には生活習慣の見直しが必要

抜け毛予防には生活習慣の見直しが必要

2019年09月07日

抜け毛を予防したいのであれば、生活習慣の見直しが必要です。
頭皮はデリケートですし、髪は生命維持とは関係がないため、間違った生活習慣を続けていると最初に抜け毛など髪への影響が現れてきます。
抜け毛予防をしたいのであれば、健康的で規則正しい生活習慣を心がけましょう。

運動不足も血行を悪くするのでよくありません。
肩こりや首こりが気になるという方は、頭皮への血流も悪くなっています。
抜け毛予防のためには適度な運動を心がけ、肩こりや首こりなども放置せずに改善するようにしましょう。

睡眠時間をしっかりとることも大切です。
寝ている間に成長ホルモンが分泌されるため睡眠時間が十分にとれないと抜け毛が起きやすくなります。
睡眠時間を十分にとり、成長ホルモンを分泌させて成長促進させましょう。

リラックスすることで血行を促すことができます。
リラックスすると睡眠の質もよくすることができますので、入浴をしたり、アロマテラピーをしたり、趣味を頼むなど、リラックスできる時間を持ちましょう。
忙しいと忘れてしまいがちなことですから、意識してリラックスできる時間を取り入れるとよいです。

髪を作るためにはたくさんの栄養が必要ですし、その栄養は食べることにより得られます。
そのため、食生活が乱れてしまうことも抜け毛に繋がります。
抜け毛予防のためには栄養バランスのとれた食事を一日三回、規則正しく摂ることが必要です。
抜け毛予防のためには、亜鉛を積極的に摂ったり、大豆イソフラボンを積極的に摂るのも効果的です。
ビタミンやミネラルなど髪を作るための栄養をしっかり摂りましょう。

喫煙や過度な飲酒も抜け毛の原因になります。
大切なミネラルやビタミンを消耗してしまいますし、血行も悪くなってしまいます。
飲酒は適度であれば血液循環を良くする効果が期待できますが、飲み過ぎると肝臓に負担をかけてしまうのでよくありません。
禁煙することはもちろん、飲酒も適度な範囲に留めるようにしましょう。

外食が続くと頭皮のトラブルとなる

外食が続くと頭皮のトラブルに繋がります。外食が続くと栄養バランスが崩れやすくなるためです。
抜け毛予防をしたいのであれば、食生活は大切です。外食が続くと栄養が偏りがちになりますし、脂っこいものも多くなってしまいます。
そのため、外食が続くと頭皮のトラブルが出やすくなってしまいます。

抜け毛予防をしたいのであれば、外食が続くときにはメニュー選びに注意しましょう。
脂っこいものは控え、亜鉛などのミネラルやビタミンなど髪の成長促進のために必要な栄養をしっかり摂るようにしましょう。

大豆イソフラボンも積極的に摂りたい栄養素です。
大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあり、ホルモンバランスを整える働きが期待できます。
男性ホルモンには皮脂の分泌を増やしてしまうという特徴がありますし、男性ホルモンが増えすぎてしまうことは髪に悪影響があります。
大豆イソフラボンは大豆や大豆製品に含まれていますので、積極的に摂るようにしましょう。

外食が多くなると、高カロリーの素材や揚げ物などのメニューが多くなってしまいます。
高カロリーで脂っこい食事を続けているとコレステロールが溜まって血液がドロドロになったり、皮脂が多く分泌されたりといった状態を招いてしまう恐れがあります。
頭皮はデリケートですから、皮脂が多くなったりすると髪が抜けやすくなります。

栄養は血液に乗って運ばれますので、血液の状態も大切です。
ドロドロの状態よりはサラサラで流れの良い状態のほうが、スムーズに栄養を運ぶことができます。
髪を作るための栄養を摂ることはもちろん、血液の状態がよくなるような食事や皮脂が過剰にならないような食事を心がけることが大切です。
外食が続いてしまうようなときには、特にメニュー選びに注意して抜け毛予防をしましょう。

関連記事
確実に育毛を望むならHARG療法

遅れれば遅れるほど回復に時間がかかってしまいますし、十分な回復が期待できなくなるケースもあります。女性の発毛にも大きな効果を発揮するといわれている治療法にHARG療法があり、治療を受ければ髪の毛が生えていたころの状態と頭皮ごと再現することができます。自然な働きだけで発毛が続くような方法ですので、根本

2019年10月06日
卵巣の病気で抜け毛になることがある

日本人成人男性の5人に1人の割合で起こっている抜け毛。最近では女性の社会進出が進み、男性同様に夜遅くまで仕事をし、不規則な生活と不規則な食事内容にストレスで女性でも抜け毛で悩む方が増えてきました。ただ、中には子宮や卵巣の病気が原因となっていることも。抜け毛は病気の兆候かもしれません。生活習慣を見直し

2019年08月11日
女性の抜け毛になりやすいタイプ

女性の抜け毛の原因で多いのが、女性ホルモンの分泌量が減少することによるホルモンバランスの乱れです。妊娠・出産の時も女性ホルモンは減少しますが、この頃の乱れは一時的なものですので心配はいりません。しかし、加齢によって乱れたものは再び増加することは考えにくいので、適切なケアを行わなければなりません。加齢

2019年07月09日
女性の抜け毛は妊娠や出産も関係ある

女性も悩まされることも多い抜け毛ですが、妊娠や出産・産後のホルモンバランスの乱れなどが原因でも起こることがあります。特に体調が悪くなくてもシャンプー時に大量に抜けてしまう髪の毛にびっくりしてしまう人も少なくないようです。女性の妊娠・出産は体に想像以上に大きな負担をかけます。妊娠中の慣れない生活・思い

2019年07月26日
甲状腺機能が低下していると抜け毛の原因になる

女性の抜け毛の原因に、甲状腺機能の低下が関係していることもあります。甲状腺機能低下症という病気であり、放置してしまうと身体機能が低下して様々な辛い症状が現れます。その一つに抜け毛があり、他にもむくみや体重増加、倦怠感、疲労感、抑うつ、冷え症、白髪など様々な症状が現れます。甲状腺機能が低下すると甲状腺

2019年06月22日
健康な髪の毛は1ヶ月でどれくらい伸びるか

髪の毛の伸び方にも人によって速い場合と遅い場合があります。一般的な数値で見ると毎日0.3mmから0.4mmほど伸びていて、1カ月では1cm伸びるといわれています。これを知らないと、抜け毛対策をしてもなかなか効果が出てこないと不安に思ってしまいます。髪の毛はゆっくりと成長していくものですので、焦らずに

2019年06月06日
女性の1日の抜け毛の平均量はどのくらい?

近頃女性でも抜け毛に悩まされる人が増えていますが、その中には男性型脱毛症の症状も多く見られます。男性型脱毛症の場合は男性ホルモンによる影響を強く受けており、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きでジヒドロテストステロンに変化すると、毛母細胞の活動に影響が出始めます。女性の体内

2019年05月22日